HOMEリフォームオーダーメイドオリジナル修理メンテナンス会社概要 本文へジャンプ


お手入れ

簡単な貴金属ジュエリーのお手入れ方法をご紹介いたします。
高価な宝石が入ったものや汚れがひどいものは
ご相談ください(無料)



■宝石のメンテナンス
★ゴールド&プラチナ
使用後は表面についた汗や汚れをやわらかい布なのでよく拭き取ります。
また、輝きがなくなったら、中性洗剤を薄めて洗い、よく水洗い後やわらかい布で水分を拭き取ってください。
 
★シルバー
使用後は表面についた汗や汚れを柔らかな布でよく拭き取ります。
表面が黒くなった場合は、柔らかな布に磨き粉を少量付け、軽く磨きます。

※注意
梨地仕上げやメッキ仕上げなどは、ジュエリーの表面に加工されているある物は、お湯に浸した綿布に重曹を含ませ、軽く磨いてください。汚れが落ちたらから拭きを忘れないようにしてください。
酸化して黒くなった メンテナンス後
 
 
★硬い石
ダイヤ、サファイヤ、ルビー
中性洗剤にしばらくつけてから石の裏側のよごれを楊枝で落とします。
特にダイヤは油と相性がよく指で触っただけでも汚れます。
爪の間や裏からもよく落とし、よく水洗いをしてください。
水分は柔らかな布で拭き取り、ドライヤーで乾かすとよいでしょう。
 


★やわらかい石
エメラルド、オパール、
オパールは若干の水分が含まれています、乾燥した所や直射日の当たる場所に永く放置しますと亀裂が入りますので気をつけましょう。
石の中に亀裂が生じた時は、指輪ごとオリーブ油に一昼夜つけておきます。
次の日、亀裂はうそのように消えてなくなる事があります。
オパールの表面に付いた細かな傷は再研磨しないと直りません専門店にお持ちください。
エメラルドに生じた亀裂や傷は再研磨しないと直りません専門店にお持ちください。
 
★パール
ご使用後は汗を必ず拭き取ります。そのまま保管してしまうと、輝きがなくなってしまいます。
パールのネックレスをしてのお食事が多いと思いますが特にサラダドレッシングなど酸性の調味料に注意してください。酸化されると変色します。
また、絹糸に汗が染み込むと切れることがありますので、必ず拭き取ってください。
※保管
暑いところに保管すると、色が変色しますのでご注意ください。

 
 




 リンクタラちゃん鎌倉情報案内図特定商取引規定お問い合わせ

JEWELRY CHIKU